オリジナルTシャツ・クラスTシャツの制作ならプリントショップマジックオリジナルTシャツ・クラスTシャツの制作ならプリントショップマジック

加工方法


シルクスクリーン
タオルプリント
カッティングシート
インクジェットシート
ダイレクトインクジェット
刺繍
ラインストーン
昇華プリント


シルクスクリーンプリント

加工に適した商品:Tシャツ・ポロシャツ・パーカー・スウェット・ブルゾンなど

 
シルクプリント1
シルクスクリーンプリントは最も一般的なプリント方法です。
Tシャツ、ポロシャツ、パーカー、バッグなど、さまざまな商品へのプリントが可能で、 クラスTシャツやイベントTシャツ、チームウェアにオススメです。
パソコンで仕上げたデザインを、色ごとの版に分けて出力し、それぞれの色版を枠に張った網の幕(シルクスクリーン)に転写し、 ウエアにインクを重ねてプリントします。
色落ちが少なく耐久性にも優れ、多枚数にも最適です。枚数が増える程お得になります。

デザインに使われる色の数だけ版が必要になりますので、 その分、版代やプリント代がかかりますので、色数にも配慮しながらデザインをご検討下さい。
※マジックでは版代無料のトクトクコースもご用意しております。
※水性と油性のインクをご用意しています。使用できるインクはウエアの種類によって決まっています。

【オプション】

シルクプリントオプション加工

▶ 詳しい説明はこちら

タオルプリント

加工に適した商品:タオル

タオルプリント1
フェイスタオルをはじめ、タオルマフラー、スポーツタオルなどにお好みのデザインをプリントできます。
・ソフト顔料プリント
・顔料インクジェットプリント
の2種類のプリント方法があり、それぞれご注文頂ける枚数が異なります。
▶ 詳しい説明はこちら

カッティングシート・インクジェットシート

加工に適した商品:Tシャツ・ポロシャツ・パーカー・スウェット・ブルゾンなど

 
カッティング
【カッティングラバーシート】
定番色のシートをプロッターにてカットして、ウェア本体に熱圧着します。
背番号や個人名など、個別に違う文字などを入れる際に使われる加工方法です。
小さな文字や複雑なデザインには向いていません。
インクジェットシート
【インクジェットシート】
白や銀のシートにデザイン等をインクジェットプリントした後、
プロッターにてカットして、ウェア本体に熱圧着します。
フルカラーでのプリントが可能ですので、カラフルなイラストなどに最適です。
デザインによっては、白または銀のフチが付きます。
▶ 詳しい説明はこちら

ダイレクトインクジェットプリント

加工に適した商品:綿Tシャツ・パーカー・スウェット・コットンバッグなど

 
淡色インクジェットプリント
【淡色インクジェットプリント】
白や淡色の綿生地に加工が可能です。
インクが染み込みソフトな風合いに仕上がります。
フルカラーでのプリントが可能ですので、手書きのイラストや写真などのプリントに最適です。
濃色インクジェットプリント
【濃色インクジェットプリント】
黒色や濃色の綿生地に加工が可能です。
インクの下地に白をプリントすることでカラーを発色させています。

【注意点】
・ポリエステル・ナイロンなど化学繊維含むウェアにはプリント出来ません。
・ウェアの素材や色によって発色が変わる場合があります。

▶ 詳しい説明はこちら

刺繍

加工に適した商品:Tシャツ・ポロシャツ・パーカー・スウェット・バッグなど

 
直刺繍・ワッペン
【直刺しゅう・刺しゅうワッペン】
本体生地にダイレクトに刺しゅうを施します。ワンポイントのデザインに向いています。
3×3cm・4×6cm・10×10cmの3種類のサイズをご用意しております。
刺しゅうはブルゾンも共通料金。7色まで同一価格です。
ネーム刺繍
【刺しゅうネーム】
既存の書体を使用して刺繍をします。
1枚からリーズナブルにご利用頂けます。
個人名や社名、学校名などによく使われます。
アプリケ刺繍
【アップリケ刺繍】
レーザーカットされたマーク生地を刺しゅうでフチ掛けし本体に取り付けます。
野球やバスケットボールのユニフォームによく使われています。
▶ 詳しい説明はこちら

ラインストーン

加工に適した商品:Tシャツ・ポロシャツ・パーカー・スウェット・バッグなど

 
ラインストーン
小さなクリスタルガラスを生地に圧着します。
光に反射しプリントとはひと味違った風合いを出せます。
オリジナルのデザインも別途お見積もりにて製作できます。
▶ 詳しい説明はこちら ▶ 料金表はこちら

昇華

昇華
サッカー・バスケ・バレーボールなど、全面に柄の入ったユニフォームなどに使用される加工方法です。
昇華インクを使って、転写紙に印刷後、生地に重ね合わせて高温真空プレスすることで、 インクが気化して生地に色を浸透させる独特の加工方法です。
プリント後に縫製をしますので、Tシャツ全面にプリントが可能です。
▶ 商品ページはこちら


シルクスクリーンプリント



シルクプリント1
シルクスクリーンプリントは最も一般的なプリント方法です。
Tシャツ、ポロシャツ、パーカー、バッグなど、さまざまな商品へのプリントが可能で、 クラスTシャツやイベントTシャツ、チームウェアにオススメです。
パソコンで仕上げたデザインを、色ごとの版に分けて出力し、それぞれの色版を枠に張った網の幕(シルクスクリーン)に転写し、 ウエアにインクを重ねてプリントします。
色落ちが少なく耐久性にも優れ、多枚数にも最適です。枚数が増える程お得になります。

デザインに使われる色の数だけ版が必要になりますので、 その分、版代やプリント代がかかりますので、色数にも配慮しながらデザインをご検討下さい。
※マジックでは版代無料のトクトクコースもご用意しております。
※水性と油性のインクをご用意しています。使用できるインクはウエアの種類によって決まっています。


【オプション】

シルクプリントオプション加工

▶ 詳しい説明はこちら


タオルプリント

タオルプリント1
フェイスタオルをはじめ、タオルマフラー、スポーツタオルなどにお好みのデザインをプリントできます。
・ソフト顔料プリント
・顔料インクジェットプリント
の2種類のプリント方法があり、それぞれご注文頂ける枚数が異なります。
▶ 詳しい説明はこちら


カッティングシート・インクジェットシート

カッティング
【カッティングラバーシート】
定番色のシートをプロッターにてカットして、ウェア本体に熱圧着します。
背番号や個人名など、個別に違う文字などを入れる際に使われる加工方法です。
小さな文字や複雑なデザインには向いていません。

インクジェットシート
【インクジェットシート】
白や銀のシートにデザイン等をインクジェットプリントした後、
プロッターにてカットして、ウェア本体に熱圧着します。
フルカラーでのプリントが可能ですので、カラフルなイラストなどに最適です。
デザインによっては、白または銀のフチが付きます。
▶ 詳しい説明はこちら


ダイレクトインクジェットプリント

淡色インクジェットプリント
【淡色インクジェットプリント】
白や淡色の綿生地に加工が可能です。
インクが染み込みソフトな風合いに仕上がります。
フルカラーでのプリントが可能ですので、手書きのイラストや写真などのプリントに最適です。

濃色インクジェットプリント
【濃色インクジェットプリント】
黒色や濃色の綿生地に加工が可能です。
インクの下地に白をプリントすることでカラーを発色させています。

【注意点】
・ポリエステル・ナイロンなど化学繊維含むウェアにはプリント出来ません。
・ウェアの素材や色によって発色が変わる場合があります。
▶ 詳しい説明はこちら


刺繍

直刺繍・ワッペン
【直刺しゅう・刺しゅうワッペン】
本体生地にダイレクトに刺しゅうを施します。ワンポイントのデザインに向いています。
3×3cm・4×6cm・10×10cmの3種類のサイズをご用意しております。
刺しゅうはブルゾンも共通料金。7色まで同一価格です。

ネーム刺繍
【刺しゅうネーム】
既存の書体を使用して刺繍をします。1枚からリーズナブルにご利用頂けます。
個人名や社名、学校名などによく使われます。

アプリケ刺繍
【アップリケ刺繍】
レーザーカットされたマーク生地を刺しゅうでフチ掛けし本体に取り付けます。
野球やバスケットボールのユニフォームによく使われています。

▶ 詳しい説明はこちら


ラインストーン

ラインストーン
小さなクリスタルガラスを生地に圧着します。
光に反射しプリントとはひと味違った風合いを出せます。
オリジナルのデザインも別途お見積もりにて製作できます。
▶ 詳しい説明はこちら


昇華

昇華
サッカー・バスケ・バレーボールなど、全面に柄の入ったユニフォームなどに使用される加工方法です。
昇華インクを使って、転写紙に印刷後、生地に重ね合わせて高温真空プレスすることで、 インクが気化して生地に色を浸透させる独特の加工方法です。
プリント後に縫製をしますので、Tシャツ全面にプリントが可能です。